3-7.添え柱仕様の場合、耐力壁の両端部がともに添え柱となっていても耐力を評価することはできますか。
壁の両端が添え柱仕様となる場合は評価できません。両端部が既存の角柱の間に施工してください。