ガイナを住宅の屋根・外壁、内装に塗ると、太陽光線や熱・音・汚れなどを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮します。加えて太陽光線や照明の光を受けたセラミックがイオン化作用をもたらし、室内の空気質を改善することによって、マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地よい状態に室内を保つことが可能となります。



高性能断熱塗材によって、H-Uロケットを守った宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術を、私たちの暮らしの中で活用可能にしたのがガイナです。機能性環境改善塗材であるガイナは、従来の常識を覆し、断熱性の高い特殊セラミックを塗料化することに成功しました。住まいに塗るだけで、断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮します。


樹脂を塗料化したペンキなどの従来の塗料は、住宅の美観確保と防水を目的としたものに過ぎませんでした。ガイナが他の塗料と一線を画すのは、特殊セラミックの効果によるものです。セラミックには、遠赤外線セラミックや超硬度セラミックなど、さまざまな種類があります。そのひとつである断熱性能に特化した種類のセラミックを中心に、アクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより塗料化に成功したのが、ガイナなのです。
その結果、これまでの常識を覆し驚異の断熱効果を発揮するとともに15にも及ぶ機能によって、ガイナは住まいの性能を劇的に向上させます。


樹脂を塗料化したペンキなどの従来の塗料は、住宅の美観確保と防水を目的としたものに過ぎませんでした。ガイナが他の塗料と一線を画すのは、特殊セラミックの効果によるものです。セラミックには、遠赤外線セラミックや超硬度セラミックなど、さまざまな種類があります。そのひとつである断熱性能に特化した種類のセラミックを中心に、アクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより塗料化に成功したのが、ガイナなのです。
その結果、これまでの常識を覆し驚異の断熱効果を発揮するとともに15にも及ぶ機能によって、ガイナは住まいの性能を劇的に向上させます。

ガイナを建物の天井、内装に塗るだけで、今まで外に逃げていた熱エネルギーの約60%を封じ込め、冬暖かい究極の内断熱が完成します。

ガイナを建物の屋根、外壁に塗るだけで、太陽光線から受ける90%を反射し、夏涼しい究極の外断熱が完成します。

ガイナは特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂をハイブリッドすることにより、優れた耐候性を持ち、一般塗料の2〜3倍の寿命になります。
 


ガイナを建物に塗るだけで、屋根、天井。壁を通過する音が約4〜10デシベル低下し、静かな住環境を確保することができます。

ガイナは、近・中・遠赤外線の波長を効率的に反射し、熱エネルギーの移動を抑えることにより、結露発生量を約20%以下にします

ガイナに含まれる特殊セラミックが、空気中の有害物質やいやな臭いを、中和・イオン化し、さわやかな住環境をつくります。

ガイナは十分な透湿力を持ち、水蒸気や空気などを通すことで、壁が吸収し、健康的な住環境が実現します。

ガイナに含まれる特殊セラミックが作用することにより、塗膜をカビや有害な菌から守ります。
※ガイナ防カビ抗菌対応品

ガイナの熱エネルギーを蓄えない性質により、ガイナが塗布してあれば、100℃に熱せられた鉄板に触れても、火傷することはありません。

ガイナは環境にやさしい水性でホルムアルデヒト放散等級区分(Fフォースター)を取得しています。

ガイナは特殊セラミックのイオン化作用により、空気質を改善し、リゾート地を上回る理想的なイオンバランス空間をつくります。


ガイナに含まれる特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂の効果で、優れた帯電防止性、親水性塗膜となり、防汚性を発揮します。

ガイナは弾力性に富んでるため、亀裂ができにくく、衝撃、振動に強い塗膜に仕上がります。

ガイナは特殊セラミック効果により、塗布する材料に合致した不燃性能を発揮します。(国土交通大臣認定)

ガイナを塗布するには、特別な工具を必要としません。刷毛、ローラー、コテ、ガンなどと、あらゆる工具で美しい仕上がりが可能になります。


寒い角部屋も、ガイナを内装に塗ると漆喰を塗った部屋より暖かい。

スキー場ロッジ”グリーン”様の寒さ対策のために客室の内装仕上げ材としてガイナを塗布。内装壁に塗り室温3℃上昇!内装壁と天井に塗り7.7℃上昇。暖房設備はそのままでした。

天井が高く、広々とした空間のため、冬季の暖房効率が思わしくなかったこの住宅に、平成16年8月、外壁に加え、内装全面にガイナを塗布してリフォーム。
暖房に使用しているストーブの灯油使用量を比較したところ、ガイナ塗布前の平成16年は7缶使用していたのが、平成17年は3缶、平成18年は4缶とそれぞれ削減。ガイナがもたらす断熱による省エネ効果が検証されました。
ガイナの冷房効率向上を試験するため、無塗装の物置とガイナ塗布の物置に同じエアコンを設置し、室温を26度に設定。それぞれの稼働率を比較しました。
その結果、無塗装物置の稼働率を100%とした場合、ガイナ塗布物置は、9時〜18時の時間帯では稼働率50%、11時〜14時の時間帯では稼働率30%となりました。
これはガイナ塗布によるエアコン稼働率の低減を証明したものであり、電気代削減に寄与することができます。
夏になると太陽の熱でベランダの床が焼け、触ると火傷をするほど熱くなっていたのが、ガイナを塗ってからは裸足で出ても熱くなく、お子さんがベランダに出ても安心していられるように改善されました。
▲ガイナ塗布前のベランダのコンクリート表面温度は63.2℃(外気温33℃) ▲ガイナ塗布後のベランダのコンクリート表面温度は34.4℃(外気温34℃)と大幅に温度が低下。
平成17年7月20日〜8月31日の期間、ベランダに設置した物置内部温度の比較を行いました。物置は、無塗布物置、断熱材物置、ガイナ塗布物置の3種。サイズは、高さ1920mm×幅800mm×奥行き900mm。
右上の図中、無塗布(青線)物置と断熱材(緑線)物置の内部温度差は約3℃。無塗布物置とガイナ(赤線)塗布物置の温度差は約7℃、という測定結果を得ました。
日中の物置内温度を比べると、ガイナ塗布物置は、断熱材物置に比べ約4℃低いことがわかります。さらに、夕方から朝方にかけて断熱材物置は、蓄熱効果により熱を蓄えるため、内部温度がガイナ塗布物置および無塗布物置に比べ高くなっていることがわかります。
この結果を一般住宅に置き換えてみると、スタイロフォームなどの高性能とされている断熱材を使用した場合、保温効果を発揮してしまうため、夏では夜になっても冷房が必要となり、快適な住環境が実現されるとは思えません。
ガイナなら、従来の断熱材とは一線を画し、夏には遮熱効果を発揮して涼しく、冬には断熱効果を発揮することで暖かい、快適な住環境を実現します。
■アサヒビール株式会社 スーパードライ保冷BOX「ホームビアプール」(PDF)
 


価格、資料などのお問い合わせは、下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。

エイム株式会社(会社概要) mail:aim@aimkk.com


【各種参考資料】
ガイナ 施工要領(PDF)
ガイナ 下地処理材推奨一覧(PDF)
ガイナ 施工マニュアル(PDF)