節電塗料Sガード

 Sガードの特徴

 施工事例

 よくあるご質問


 資料請求

 NEWかべつよし
 ひかりかべつよし
 いのちまもる
 NEWきそきょうこ
 くるピタ
 健康炭
 木耐博士N
 長寿命の樹
 電気式 床暖房
 資料請求
節電塗料Sガード よくあるご質問
Q.1 塩ビシートの上には塗れますか?
  新設の塩ビシートは伸縮が激しく、また可塑剤が大量に入っておりますので、ひび割れや変退色の原因となります。
塗料は経年劣化で変退色を起こしますが、可塑剤の影響でその退色速度が加速されますので、施工のご推奨は致しておりません。それでもトップコートの塗替は度々出来るのでとおっしゃられれば、中彩色や濃厚色は際立って退色が目立ちますので、淡彩色をお選び頂く事をご推奨いたします。改修でシートそのものが数年経過している場合は、可塑剤の影響もなくなりますので、その際はしっかりと洗浄し、下地材にアスファルトシーラーをご使用の上、ご施工下さい。
Q.2 加硫ゴム系シート防水の上には塗れますか?
  可能です。下地材はアスファルトシーラーをご使用頂き、Sガードを2度塗りして下さい。 このシート防水の商品によってはトップコートにシルバーを塗布する施工仕様ようになっておりますが、シルバーは施工せず、Sガードをトップとして下さい。
Q.3 しっくい壁にSガードを塗る場合、下地材は何を使えばよろしいでしょうか
  しっくい壁にはご対応致しておりません。素地の状態によりますが、基本的には塗装のご推奨はしておりません。【他の塗料も一般的には同じです】
Q.4 木下地にSガードは使用できますか?
  原則、水性の塗料ですので塗ることはできますが、お奨めしていません。素地の状態によりますが、塗膜がはがれやすくなります。基本的には木下地専用の塗料使用を奨めてください。【他の塗料も一般的には同じです】
Q.5 セメント瓦には塗装できますか?
  一般的にセメント瓦には、スラリー層という接着剤のような白い膜があります。このスラリー層には専用の下地材を使用しないと、将来塗膜剥離する可能性が有りますのでご注意ください。他社の専用下地材をご使用頂き、Sガードの施工も可能ですが、施工前に密着テスト等を行い、施工店様のご判断でご施工をお願い致します。
Q.6 下地材は微弾性フィーラーを使いたい。また、OKなら微弾性フィーラーを塗布後の下塗り材は必要?
  可能です。下地材はJIS認定工場で製造された商品をご使用下さい。また、その際は、下塗り材は必要ありませんので、そのままトップコートとしてSガードを塗布ください。
Q.7 弾性塗料の上には塗装できますか?
  可能です。弾性リシン、弾性スタッコ、弾性タイル等御座いますが、どちらへも施工可能です。
Q.8 新設のガルバニウム鋼板は塗装できますか?
  可能です。 ただし、新品の鋼板は表面に油分が付着していますので、その油分を中性洗剤等でしっかりと洗浄し落してから塗装して下さい。 尚下地材はアドマイルドを、海岸線に近い地域ではアドプラコートをご使用下さい。
Q.9 バルコニーやベランダには使えますか?
  可能ですが、アドグリーンコートは軽歩行程度の環境でご使用下さい。 軽歩行とは、一日に一度程度、防水面或いは塗膜を傷めない履物で歩く事。植木やBQQ等、人が複数人数出入りし、かつ履物も自由、水分や汚れに常にさらされている場所はお勧めできませんので、塗装現場の状況をご確認頂きご選択下さい。特に塗膜の汚れは熱だまりを起こしやすくし、遮熱効果を下げてしまいますので、ご理解ください。
Q.10 シール材の上には塗装できますか?
  いわゆるコーキング部分の塗布は、ひび割れを起こしやすくなりますので、ご推奨はしていません。 改善策として微弾性フィーラーを一度塗った後、塗布する事は事例としてあります。
Q.11 鋼板下地の場合、施工にはどの下地材が良いですか?
  基本的にはアドマイルドをご使用下さい。 下地の状態によりますが、重度(1種〜2種)のケレンが必要なときはアドプラコートをお勧めいたします。 またあくまでも目安で御座いますが、現場が海岸線から直線距離で2キロ以内にある場合も、塩害防止の為アドプラコートをご使用下さい。建物の向きや形状によってはこの限りではありませんので、ご注意ください。
Q.12 塗料の上からSガードを塗る場合、下地材は何を使えばいいのでしょうか?
  基本的には取扱説明書の適応表でご対応ください。具体的には下地が非金属の場合、外壁→アドウォール、屋根→アドパーミエイト、金属系の場合、アドマイルドになります。
これは旧塗膜の残り具合によって施工法が変わります。旧塗膜がしっかり残っている場合は浸透系のシーラー、つまりアドウォール等に塗膜が残っていない場合、スレート系でしたら弱溶剤のアドクールシーラーとなります。 塗装された時期や下地、塗膜の現状等、データや写真等をお送りいただければ、物件毎にアドバイスできますので、お気軽に連絡ください。
Q.13 戸建て住宅の場合、バルコニー・ベランダの防水はほとんどFRPですが、SガードはFRP防水の上に塗布可能ですか? OKなら、下塗材は何がよろしいでしょうか?
  FRPへの塗装は可能です。 その際はアスファルトシーラーを下地材にご使用下さい。
Q.14 他社の下地材は使用してNGか?また、使用していけないのであれば理由は?
  基本的には、専用下地材を進めてください。 どうしても他社の製品を使用したい場合、他社の下地材との密着試験を行っていない為に、万が一不具合が生じてもノークレームでお願いします。
Q.15 錆止めはありますか?
  錆止材、錆転換剤の製品はご用意しておりません。他社製品でご対応ください。 弊社プライマー(アドマイルド、アドプラコート)には錆止め効果がありますが、特に2種〜1種程度のケレンが必要な個所は、他社製品でタッチアップを行ってから、弊社プライマーでオーバーオールして下さい。基本的には現場でのご判断になりますが、アドマイルドまたはアドプラコートでタッチアップし2度塗りして頂いても構いません。
Q.16 未開封塗料の保存期間は?
  開封していない場合、1年程度は支障なく使用できます。一度使用した塗料でもきちんと保存すれば同様に保存可能ですが、水性塗料ですので、空気に触れる時間が長ければ長いほど痛みやすくなります。なるべく早めにご使用下さい。
Q.17 遮熱塗料と一般塗料との耐久性の違いは?
  ポリウレタン樹脂塗料、アクリルシリコン系樹脂塗料、ふっ素系樹脂塗料それぞれの耐候性、耐久性に違いはありません。
Q.18 補助金・助成金が出る制度はありますか?
 

遮熱塗料を使用することでの補助金の対象となる自治体もございます。参考までに平成25年度の東京都のデータを掲載しますので、ご覧下さい。
東京都:地球温暖化防止設備(塗料)助成制度(平成)25年度


新たに京都市の補助制度にも登録されてました。(2014年7月14日)

京都市:京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業

Q.19 Sガードは紫外線(UV)の遮蔽効果はありますか。
  紫外線の遮蔽効果もあります。 @カラーガイドに掲載されている日射反射率は近赤外線領域(780nm〜2500nm)の測定結果ですが、反射率を測定する際、全波長領域(300nm〜2500nm)の反射についても測定しております。
Aコーキング及びシーリングへの塗装に関しましては、経年劣化によるひび割れ等のリスクはあります。建物の立地、北面、南面でもそのリスクは変化しますし、汚れの付着率も変わりますが、Sガードは紫外線の遮蔽性もある事から、経年劣化を遅らせる、あるいは延命できる効果があると考えられます。ただし、何年・何%といった数値的な保証はもちろんできませんのでご了承ください。
Q.20 他の遮熱塗料は夏の遮熱には効果があるが、冬季に部屋の中の温度を保つ効果はないが、何故Sガードは冬にも効果があるのか、遮熱と断熱両方の効果があるのか?
  断熱効果はございません。含有されているアドマファインは太陽光の赤外線を乱反射させる機能を持っておりますが、住居や職場環境下において内燃の熱が有る場合、その熱の熱線、つまり赤外線と同様の電磁波を内側へ反射させ、温まった空気を外へ逃がさない作用があります。
Q.21 アドマファインがその効果を生み出している、というがそのアドマファインの詳しいメカニズムはどのようになっているのか、なぜアドマファインが遮熱効果を生み出すのか?
  そもそも遮熱塗料といわれている塗料の反射は、顔料による反射効果がベースとなっております。これにアドマファインを含有することで、通常の顔料系遮熱塗料では反射しきれない、近赤外線(780nm〜1400nm領域)の電磁波をもっとも効率的に乱反射させます。 それはシリカの粒子径によるもので、光の波長に同等或いはその2分の1程度の粒子が交わると光は乱反射を起こすといわれており、通常の遮熱塗料よりも高い反射率を出しております。
Q.22 熱を逃がさない効果があるのなら内壁に塗っても効果があるのではないか?また、結露なども防止できるのではないか?
  内壁に塗装する事で、熱線を遮蔽する効果が期待できます。
現在のSガードは外装用塗料ですので結露等の試験は行っておりませんが、内装壁紙用の「熱線遮蔽壁紙」としての特許もすでに取得しております。 製品としての開発はまだ途中で御座いますが、技術的にはすでに得ておりますので、遠くない将来に製品発表となるかと存じます。
また内装用塗料としての開発にも着手しております。こちらにつきましても既にホルムアルデヒドの放散量試験を行っており不検出の結果を頂いておりますので、ご安心ください。
Q.23 防カビ性、防藻性はどのくらいあるのか?
  こちらにつきましては具体的な数値によるお示しは出来ませんが、躯体の立地、塗装面、塗装箇所等により塗膜への付着は変化致します。もともとカビや藻が付きやすい個所への塗装に関しましては、防藻及び防カビ用の添加剤をトップコートに混入し、ご施工頂く事をご推奨いたします。
Q.24 耐久性はどの程度(何年程度)なのか、剥離試験等は行っているのか?
また、耐久性の試験データはもらえるのか
  促進耐光試験に於きましては、3000時間のランプ照射でチョーキングがみられました。つまり、約10年分の照射になります。躯体や塗面によって塗膜の寿命は変わりますので、一様には申し上げられませんが、およそ10年程度で塗替えをお考えください。と、申しております。剥離試験は行っておりません。
Q.25 塗り替えの時は下地材から塗りなおさなければならないのか?主剤だけ塗れば良いのか?
  基本的には下塗り材をご使用ください。 例外と致しましては、弾性系塗料(スタッコ、タイル、リシン等、または微弾性フィーラー)、ウレタン防水塗料は新設であれば下地材が不要な場合があります。
また、弾性系塗料のトップコートとしてお使いになる場合は、弾性塗料がしっかりと乾燥してからご施工願います。水分を残したままご施工されますと、伸縮によりしわが出やすくなりますので、ご注意ください。
いずれにしてもご施工される塗料の銘柄等をヒアリングし、確認をしてからご指示頂いた方が望ましいですし、密着テストのお願いもされる事が宜しいかと存じます。
Q.26 Sガードを塗って、10年程度経過後、再びSガードを施工するときに、Sガードの下地材は再び施工しなければならないでしょうか?
  素地に合わせた下地材を使用の上、通常の3工程を行って下さい。
Q.27 節電塗料Sガードの定価はいくらですか?
  PDFにて設計価格をまとめております。こちらからご確認ください。
 

トップページ企業情報個人情報保護方針についてお問い合わせサイトマップ
Copyright(C) Aim Corporation. All rights reserved.