1. エイム株式会社 耐震社会実現企業
  2. リダック
リダック

電気代が高い!と思ったら・・・
静電整流器リダックをご検討ください!

東日本大震災以降、電気料金は上がり続けており、企業経営における固定費の削減は急務です。リダックは冷凍機、冷蔵機、空調機を使用している大規模施設に対して、大きな節電、設備負荷低減効果を発揮します。
お気軽に、お問い合わせ下さい。実際の効果を測定・検証した上で、導入をご検討いただけます。

リダック製品外観

リダックは、静電気による、冷蔵・冷凍・空調機の
冷却効率低下を、大幅に改善します。

冷媒や冷凍機油、圧縮機は、摩擦などにより静電気を帯びて、熱交換効率を悪化させると考えられています。
リダックは、付属の導線を冷媒管などに接続するだけで、冷媒管内に対極の静電気(電荷)を供給し、静電気を整流します。
それにより冷却効率や機械効率を改善し、電力使用量の削減を実現します。

reduck_image.jpg

 

特徴1
約20%※の電力使用量削減に成功!
冷媒の熱交換効率が上がることで設定温度への到達時間が短くなります。また圧縮機の負荷が減少し、結果として冷凍・冷蔵機、空調機の消費電力が削減されす。
※電力使用量の削減率は、お客様の使用環境や規模により異なります。
特徴2
既存設備のままで節電を実現!
必要なのはAC100V の電源だけ。リダックから供給される
静電気を、冷媒配管に接続するだけで、大規模な工事は必要ありません。
特徴3
設備の負荷を軽減!
圧縮機の負荷が減少し、設備稼働の安定性が増す事で、設備寿命の延命が期待できます。 古い設備で夏期に問題となる、高圧カットによる停止を抑制する効果もあります。
特徴4
CO2 削減に貢献!
消費電力の削減と共に、二酸化炭素の削減にもつながります。(目安:1kwh当り0.4kg)
有冨名誉教授

国立大学法人東京工業大学
名誉教授
一般社団法人
先端技術・人材育成開発機構
代表理事
有冨 正憲氏

費用の削減と環境負荷の低減、
二つの利益を生み出す画期的な技術であると言えます

冷媒を用いる空調・冷蔵・冷凍機等は、冷媒配管と冷媒・冷凍機油、コンプレッサーの摩擦から起こる静電気(電荷)の発生により、吸熱放熱の効率が低下することが分かっています。そのことから、静電気(電荷)を除電するのではなく静電気(電荷)を加えることで、吸熱放熱の効率を改善させるという、本技術の開発におけるコロンブスの卵的な発想は、素晴らしいと考えます。

本技術による、吸熱放熱効率の向上は、必要動力を低下させ、消費電力の削減につながります。一般的に環境対策には新たな投資を必要としますが、費用の削減と環境負荷の低減という、大きな利益を生み出す本技術は、画期的であると言えます。環境問題が問われる昨今、地球温暖化対策の一つとしても有効であると考えます。本技術が社会貢献につながることを期待します。

リダックで平均15.4%の電力削減!
(水産加工業・冷蔵業)

導入事例1

株式会社能代水産様(秋田県)

冷蔵、冷凍の電気代を削減する為に、冷凍機にリダックを取付、測定を行いました。

■設備概要
60馬力の冷凍機5機 24時間365日フル稼働

■測定概要
冷蔵機器の消費電力に、大きな影響を及ぼす、気温と荷量について2017 年、2018 年の気温差と荷量の変化による影響を踏まえたうえで、測定しました。

リダックで平均22.5%の電力削減!
(水産加工業・冷蔵業)

導入事例2

株式会社まるよし食品様(静岡県)

冷凍機の老朽化で、冷却効果の悪化が懸念される事と固定費の多くを占める電気代削減の為に、リダックの導入を決めました。騒音も小さくなり長持ちしそうです。

■設備概要
冷凍・冷蔵庫用冷凍機8台

■測定概要
冷凍冷蔵機の消費電力を左右する外気温の影響を踏まえ、取付前後の平均をとって比較、解析した結果です。

冷凍・冷蔵倉庫業

冷凍・冷蔵倉庫業

水産加工業

水産加工業

ゴルフ場・パチンコ店

ゴルフ場
パチンコ店

大規模店舗

大規模店舗

大規模工場

大規模工場

実際の効果を測定・検証した上で、導入をご検討いただけます。

測定専門会社が、リダックを取り付ける前の電気使用量と取付後の削減量を、
外気温や使用環境を考慮した上で、効果測定を行い
ます。

節電効果の予測結果をふまえた上で、機器設置をご検討
下さい。
効果が確認された上での設置になりますので、安心して
ご導入頂けます。

設置後も5 年にわたり、定期的な電力使用量と

削減量の確認を行いますので、効果を実感して頂けます。

STEP1

お問い合せ

まずはメール又はフォームよりお問い合わせください。

エイム株式会社 本社
〒332-0002 埼玉県川口市弥平2-20-3 エイムWingビル

 

流れ1

STEP2

測定

お伺いして、取付前後の電気使用量の測定を行います。

流れ2

STEP3

測定結果のご報告

リダック設置前後の測定結果を元に節電効果をご報告します。

流れ3

STEP4

ご契約・設置工事

リダックの設置工事を行います。

流れ4

本社・研究所

東京本社

大阪営業所

お気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせは、お電話又はフォームからご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

048-224-8160

受付時間 平日9:00~18:00

フォームでのお問合せはこちら

資料請求

お問い合わせ