1. エイム株式会社 耐震社会実現企業
  2. 社長挨拶

社長挨拶

小野 秀男

代表取締役社長
小野 秀男

創業のきっかけは“阪神・淡路大震災”
大地震で倒壊したマイホームに殺される人をゼロにしたい

1995年1月17日(火)午前5時46分、阪神・淡路大震災が発生。

亡くなられた方の多くは、建物の倒壊や家具の転倒による圧死。
「地震」で命を落としたのではなく、建物の倒壊などの「震災」で命を落としたのです。
なぜ、夢だったマイホームが凶器になり、大切な家族を失ってしまったのか。

「安心して生活するために、既存木造住宅の耐震性を向上させなければならない」 そのような想いから、エイムを創業しました。

それから23年の間にも、新潟・宮城・熊本・大阪・北海道など、日本の各地で多くの大地震が発生し、多くの方が被害に遭われています。
備蓄や避難所の問題など、どうしても“被災後”に目を向けてしまいがちですが、それらはあくまでも“無事”だった後の話。

最も大切なことは『住まいを安全・安心な場所にする』ということ。
エイムは耐震に関する商品・サービスを通して、皆さんの安全・安心な住まいづくりをお手伝いしたいと考えています。

社名のエイム(AIM)は「目的」
目的をもった人生を歩んでいきたい

社名のエイムは英語のAIM(目的)を表しています。人生を航海になぞらえると、目的なき人生は漂流だといえます。漂流することなく目的をもった人生を送ってほしいという想いをこめました。

哲学者イマニュエル・カントは臨終の際に「Es ist gut. (これでよし)」とつぶやいたといわれています。私もそう思えるようこれからも1日1日を真剣に積み重ねていきたいと思います。


エイム三理念

企業 社会に活かす

「安心・安全・健康」な住環境の創造で社会に貢献します。

経営 人財を活かす

社員及びその家族が、物心共に満足できる環境を創造します。

社員 自分を活かす

自ら感じ、自ら創造し、自ら行動します。

行動・発想指針 十七条

一、有言実行、言えば周りが味方する

二、何事も、どう感じるかは自分次第

三、目標は、達成するために存在する

四、頑張らず、楽しければ結果出る

五、仕事とは、先手で働きかけること

六、当事者たれ、されば常に不満無し

七、良い影響、振りまくことで成長する

八、巻き込みと、巻き込まれでは天地の差

九、スピードは、全てに勝る仕事術

十、信用は、期待を超えて生れるもの

十一、計画は、夢の実現第一歩

十二、素直さは、成長促す栄養素

十三、成功=スキル×情熱×考え方

十四、初志貫徹、知恵と工夫と鉄の意志

十五、物事の、本質見抜く癖つけよう

十六、ありがとう、感謝の気持ちが潤滑油

十七、成せばなる、成さねばならぬ何事も


お気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせは、お電話又はフォームからご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

048-224-8160

受付時間 平日9:00~18:00

フォームでのお問合せはこちら

資料請求

お問い合わせ