1. エイム株式会社 耐震社会実現企業
  2. 製品一覧
  3. いのちまもる

後付けホールダウン金物 いのちまもる

いのちまもるは、既存の住宅に外側から設置する後付けホールダウン金物です。基礎と土台と柱を緊結することで、巨大地震時の主な倒壊原因のひとつである「ホゾ抜け」を防止することで家屋が倒壊することを防ぎます。

倒壊防止の基本は足元から!倒壊防止プロテクター

hikari_porica.jpg

【いのちまもる】は、既存の住宅に外側から設置する後付けホールダウン金物です。土台と基礎と柱を緊結することで、巨大地震時の主な倒壊原因のひとつである「ホゾ抜け」を防止することで家屋が倒壊することを防ぎます。

施工動画(6分46秒)

主な特徴

1.最大7.36トンの引き抜き力に耐えます!

鉄筋コンクリート(コンクリート圧縮強度13N/mm2)の基礎に取り付けて、最大7.36トンの柱の引抜力に耐えることが実験により実証されています。
※基礎の強度、鉄筋の有無によって強度が低下する場合があります

2.低価格で施工できます

壁を壊さずに施工が可能な為、壁を壊す場合と比較すると費用は1/4から1/5位に抑えられます。

3.外壁に合わせたカバーをご用意しています

アッパーカバーとロアーカバーがあり、カラーはヘアライン・アイボリー・ブラウン・ベージュの合計4種類からお選びいただけます。全てステンレス製で、塗装は焼き付けなので耐久性に優れています。
下の写真は標準(M)片面右タイプにアッパーカバー(ヘアライン)を取り付けています。カバーは別売りです。

hikari_porica.jpg

セット内容

 hikari_porica.jpg
 hikari_porica.jpg
※標準(M)左タイプ

阪神淡路大震災の住宅倒壊原因の一つは「ホゾ抜け」

ホールダウン金物の有効性 阪神・淡路大震災で尊い命を奪われた6,343名のうち、建物倒壊によって亡くなられた方は約8割の5,000人を超えていました。どうして、あんなにたくさんの家がつぶれてしまったのでしょうか? 
原因のひとつは、柱が土台から引き抜かれたことが挙げられます。
hikari_porica.jpg

ホールダウン金物を使用していた住宅はほとんど倒壊していなかったという事実
震災当時の建築基準法では、構造計算の義務付けがない2階建て住宅は、接合部の金物の種類が定められていませんでした。
その為、柱と土台の接合部は右の写真のように釘や小さな金具のみだったため倒壊被害が多かったとされています。
hikari_porica.jpg
木造在来3階建て住宅に被害が少なかった理由 一方、3階建て住宅は構造計算が義務付けられていたため、ホールダウン金物が当時から使われていました。そのため、倒壊の被害がほとんど見受けられませんでした。 hikari_porica.jpg

パンフレット及び施工マニュアル等

お気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせは、お電話又はフォームからご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

048-224-8160

受付時間 平日9:00~18:00

フォームでのお問合せはこちら

資料請求

お問い合わせ